現地で買い付けた良い真珠だけをセレクトしてお届けします

 

真珠の選び方

真珠には、キズ・色・形・テリ(輝き)等、評価する基準がありますが、プロが見る一番の評価の点は真珠の“テリ“にあります。

真珠リング

多少キズがあってもテリの良い方をおすすめします。

日本人の女性であればひとつは持っていたい宝石があこや真珠ネックレス。冠婚葬祭はもちろんのこと、カジュアルな使い方にも多方面で有効な、云わば必需品とも言えるものなのです。

成人のお祝いで母から娘へ贈り物としてプレゼントされることも多くあります。

また、近年ではある程度年を重ねた女性(50歳くらいから)はタヒチパールネックレスをお求めになる方が増えています。それは若年層との差別化が考えられます。「周りの人とは違うもの」という個性を強調する一つかもしれません。

タヒチパールは正式には黒蝶真珠といい、名前からくるイメージで黒い真珠と思われがちですが、実はグリーンやレッド、グレー、イエローなど色々な色があり真珠の中でも一番バリエーションに富んだ、個性を出すには打って付けの真珠です。

このカラーバリエーションを活かしたものがマルチカラーネックレス、ひとつのネックレスの中に色々な色の真珠があるので洋服を選ばずあらゆるシーンで重宝する使いやすいネックレスです。

最近では最前線で活躍する女性が増えてきました。その方達がメディアで取り上げられるときにかなりの確率で真珠のネックレスをしています。

真珠のネックレスは女性らしさを高め尚且つ公式な場であっても身に着けられるTPOに応じたファッションアイテムなのです。それが真珠の魅力とも言えるでしょう。

原材料の買い付けから製造・加工に至るまでを一貫して行うことで、余分なコストをかけずに、リーズナブルにお届けしております。


真珠の種類

真珠には、育つ環境によって様々な種類がございます。

主に淡水環境で育った真珠は、淡水真珠・湖水真珠と呼ばれています。
日本でも琵琶湖などで養殖がおこなわれておりますが、中国などからの輸入物が多くを占めています。

そして、海水環境で育った真珠は、あこや真珠・黒蝶真珠・白蝶真珠 などと呼ばれており、弊社では海水環境で育った真珠を取り扱っております。

あこや真珠(和珠・本真珠)

真珠リング
原産国 日本(宇和島・伊勢・対馬)
基本サイズ 6弌9弌.戰咫次2弌4
ネックレスサイズ 0.5价碓漫[磧7.5-8.0弌8.0-8.5
白ベースのホワイト系・ピンク系・イエロー・グレー・ブルー

黒蝶真珠(タヒチパール・黒真珠・南洋真珠)

真珠リング
原産国 フランス領ポリネシア諸島タヒチ
基本サイズ 8弌13
ネックレスサイズ 8-10弌11-13
ピーコック・グリーン・レッド・イエロー・グレーなど色々

白蝶真珠(南洋真珠・白真珠)

真珠リング
原産国 オーストラリア・インドネシア
基本サイズ 10弌15
ネックレスサイズ 9-11弌10-12弌12-15
ホワイト・クリーム・グレー

白蝶真珠-黄蝶貝(ゴールド・ゴールデン)

真珠リング
原産国 フィリピン・インドネシア
基本サイズ 8〜13
ネックレスサイズ 9-11弌11-13
ゴールド・イエロー・クリーム

真珠の形

  • 真珠リングラウンド(丸)
  • 真珠リングセミラウンド(丸っぽい)
  • 真珠リングオーバル(楕円)
  • 真珠リングドロップ(しずく)
  • 真珠リングボタン
  • 真珠リングバロック
  • 真珠リングサークル(鉢巻)
  • 真珠リング芥子(無核真珠)

ネックレスの主な長さ

スタンダード43cm・50cm・60cm・70cm 2連90〜100cm 3連140〜150cm

仕入れ先ルート

黒蝶真珠は現地タヒチまで買い付けに行き、自社で選別・加工を行っております。
あこや真珠は日本一の産出を誇る宇和島から仕入れをしています。

真珠のお手入れ

真珠の成分の多くはカルシウムで出来ていますので、汗や化粧などの酸性に弱いです。
夏場の汗ばむ季節や長時間ご使用になった時は固く絞った軟らかいタオルなどで汗やお化粧などの汚れを拭きとって下さい。

ネックレスの糸替えの目安とすれば、使用頻度にもよりますが3年から4年で糸替えをおすすめしております。
ネックレスを横へ伸ばし真珠と真珠の間に隙間が出来た場合も糸替えの目安となります。
糸が切れてしまうと真珠の紛失にも繋がりますのでお早目の交換をおすすめします。